ファウスト

作曲:シャルル・フランソワ・グノー
台本:ジュール・バルビエ、ミシェル・カレ。原作はゲーテの同名の戯曲。
初演:1859年3月19日、パリ、リリック劇場

tickets & info

作曲:シャルル・フランソワ・グノー

『ファウスト』

台本:ジュール・バルビエ、ミシェル・カレ。原作はゲーテの同名の戯曲。

初演:1859年3月19日、パリ、リリック劇場

 

 

第一幕

ファウスト(仏名フォースト、以下同)は科学の研究に人生を捧げてきたが、老境を迎えた今になって人生に幻滅し、服毒自殺を図ろうとする。神を呪い、悪魔を呼ぶと、メフィストフェレスが嬉々として現れ、富でも権力でも名誉でも、意のままに与えようと申し出る。しかしファウストの望みは清らかな若さを取り戻すことだけだった。するとメフィストフェレスは「この世ではファウストがメフィストフェレスの主人となり、あの世では立場が逆転する」という条件を飲めば、願いを叶えようと言う。躊躇するファウストに、メフィストフェレスは清らかな乙女マルグリット(マルグリート)の幻影を見せる。ファウストは悪魔との契約に署名をして、再び若さを手に入れる。

 

第二幕

マルグリットの兄ヴァレンティン(ヴァランタン)とその友人ワグネルがほかの兵士たちと共に出征する。ヴァレンティンは妹をたった一人で置いて行くのが心配でならない。ワグネルが歌を歌って皆を元気づけようとするが、メフィストフェレスに邪魔される。メフィストフェレスは「ワグネルは最初の戦闘で死ぬ」、「ジーベルの摘む花は萎れる」、「ヴァレンティンはメフィストフェレスに近い人間の手に掛かって死ぬ」などと予言する。また、出されたワインに不満なメフィストフェレスは、魔法でもっと上等なワインを出し、「マルグリットに」と言って乾杯する。ヴァレンティンは腹を立て、両者は剣を抜くが、ヴァレンティンが攻撃しようとすると剣が折れてしまう。一同は、メフィストフェレスは悪魔にちがいないと確信する。メフィストフェレスはファウストを男女が踊っている場所に連れて行く。マルグリットを見掛けたファウストは彼女を踊りに誘うが、断られる。しかし断る風情にも魅力を感じたファウストは、なお一層、彼女に夢中になる。

 

第三幕

マルグリットの家の外。ジーベルが彼女に捧げる花を摘んでいる。メフィストフェレスの予言通り、花は萎れてしまうが、聖水を使うと大丈夫のようだった。その様子を覗いているメフィストフェレスとファウスト。メフィストフェレスはマルグリットのために宝石箱を置いてくる。ファウストはマルグリットの家の清らかな雰囲気に感激する。宝石箱を見つけたマルグリットが宝石を身に付けてみる。鏡を覗くと見たこともない自分がいる。隣人のマルトに求愛者からの贈り物だろうと言われて、困惑するマルグリット。ファウストとメフィストフェレスが戻って来る。ファウストがマルグリットを誘惑できるよう、メフィストフェレスがマルトといちゃつく。マルグリットは次第にファウストの情にほだされそうになる。メフィストフェレスは魔法で庭を作り、マルトを追い遣って自分も消える。マルグリットはファウストへの愛に目覚め、二人は結ばれる。

 

第四幕

弄ばれて捨てられたマルグリット。お腹にはファウストの子が宿っていた。まだ彼を愛しているマルグリットは、彼と生まれてくる子のために祈りを捧げる。

ヴァレンティンと兵士たちが戦争から帰ってきた。ジーベルはヴァレンティンを妹に会わせないようにしようとするが、怪しんだヴァレンティンはジーベルを押しのける。

マルグリットの家の外。メフィストフェレスがファウストの代わりにセレナーデを歌う。ヴァレンティンとファウストが決闘をするが、メフィストフェレスが加勢してファウストが勝ち、ヴァレンティンは致命傷を負う。マルグリットは兄が自分を呪いながら息を引き取るのを見る。

マルグリットは取り乱し、教会へ行って赦しを請う。しかし「お前は呪われている」というメフィストフェレスの声が聞こえると、恐怖のあまり失神する。

 

第五幕

ワルプルギスの夜。ファウストとメフィストフェレスは悪魔の群れに囲まれている。ファウストは、幼児殺しの罪で投獄され、正気を失っているマルグリットの幻影を見せられる。

  メフィストフェレスの助けを借りて、ファウストは彼女を救い出そうと、牢獄を訪ねる。マルグリットはファウストのことが分かるらしく、初めて彼に声をかけられた晩の思い出を語る。ファウストは彼女があまりに不憫で耐えられない。マルグリットはメフィストフェレスの姿を見るとパニックに陥り、神に必死の祈りを捧げ、絶命する。メフィストフェレスは裁きが下ったと言うが、天上からは「マルグリットは救われた」と天使たちの声が響く。

(出典:イングリッシュ・ナショナル・オペラ)