Synopsis

Two Boys

Act I
In March 2001 in an English industrial city, before widespread use of the internet, Detective Anne Strawson is given a case she does not want: Jake, 13, has been stabbed in the heart and remains comatose; Brian, 16, stands accused but maintains his innocence. He regales Anne with a preposterous narrative, claiming to have been ensnared online in a web of outrageous and melodramatic characters including wealthy, beautiful Rebecca, 17, her genius brother, Jake, their “Aunt” Fiona, a professional spy, and Peter, their mentally deranged gardener and private assassin in Fiona’s employ. Convinced that Brian is stalling by inventing such outrageous fictions, Anne pushes for Brian to confess to the crime, but Brian vehemently defends his tortured tale. Losing patience, Anne requisitions the boy’s computer from his clueless parents and asks her boss to obtain transcripts of Brian’s online chats to put an end to the nonsense.

At home with her invalid mother, Anne shares that Brian is the very age Anne’s child, given up for adoption at birth, would be today. She cannot bear to think of the kind of life her son must be facing. She and her mother review the security tape from the shopping center where the stabbing occurred. There is no evidence of any assailant other than Brian. Anne confronts Brian with this and he startles her by pointing out that she knows less than nothing about internet life. Anne doesn’t even own a computer. Brian tells her how deeply he loved Rebecca and how agonized he was to learn of her rape and murder at the hands of Peter. Brian believes she was killed for helping her little brother investigate the high-level spy ring of “Aunt” Fiona.

Visiting Jake’s mother at his hospital bed, Anne asks if Jake has a sister Rebecca, and is told that he does and she has not been seen for some time. Jake’s mother also confirms that she has a best friend Fiona. Anne is then confronted with the transcriptions of Brian’s online chats, all confirming the stories he has been telling her. He is inventing nothing.

Act II
Alone in her office in the middle of the night, Anne reviews the evidence from every possible angle: how could Brian’s stories be true? She asks her boss to comb the morgues to see if Rebecca’s body has turned up, and to contact MI5 about “Aunt” Fiona. Anne apologizes to Brian for not believing him and asks to be shown a chat room. For the first time she begins to hear the music that so intoxicates Brian. She makes him finish his testimony, in which Brian is approached online by both Fiona and Peter. When Jake shows up at Brian’s home seeking refuge, Brian takes the younger boy in and the two have sex before Brian vehemently rejects the boy. Soon after, Fiona offers Brian a large sum of money to assassinate Jake; at first he refuses. Anne, realizing she has forgotten about her mother because of her obsession with this case, rushes home to find her mother fast asleep. Anne explodes with frustration: she feels a failure in all regards and is glad she did not have an opportunity to destroy her child. Anne’s mother makes a chance remark that leads to Anne’s beginning to solve the case. Rushing back to the office, she listens to Brian explain how Jake was found to be dying of a rare brain cancer, and so Brian chose to accept Fiona’s offer and kill Jake. Brian meets the boy in a secluded area and stabs him.

Anne returns to the hospital, where comatose Jake is found to be brain dead and is to be taken off life support. Piecing together clues from Brian’s testimony, the chat transcripts, and information from Jake’s computer, she finally unravels the mystery at the heart of the case. Anne thinks of the children lost because of parents who fail to hear and see them, to love them, to keep them close. She is left with the image of so many children, “gone for now,” perhaps even the child she gave up at birth. —Craig Lucas

Synopsis

Two Boys

トゥー・ボーイズ

第1幕
2001年3月、まだインターネットが普及する以前の英国の工業都市。アン・ストローソン刑事は気の進まない事件を任された。被害者は13歳の少年ジェイク。心臓を刺されて昏睡状態に陥っている。16歳の容疑者ブライアンは無実を主張しているが、彼の話は荒唐無稽だった。インターネット上で、いかにも異様で芝居がかった人物たちに嵌められたと言うのだ。裕福で美しい17歳のレベッカという少女、その弟で天才少年のジェイク、「フィオナおばさん」と呼ばれる二人の叔母でスパイのフィオナ、そしてフィオナが個人的に殺し屋として雇っているピーターという名の精神障害を持つ庭師。ブライアンが突拍子もない話をでっち上げていると確信したアンは、彼に自白を迫るが、頑として折れそうもない。しびれを切らせたアンは、何が起こったか分からず途方に暮れているブライアンの両親から息子のパソコンを証拠品として押収し、ブライアンのチャットの履歴を調査してもらうよう上司に依頼することで、このばかげた案件に終止符を打とうと考える。

自宅で病気療養中の母と語らうアン。かつてアンが自分で育てることができなかったために里子に出した息子が、ブライアンと同じ年齢になっているであろうことを話題にしている。アンは、その息子が今頃どのような人生を送っているだろうかと考えずにはいられない。母と二人で、事件現場となったショッピングセンターの防犯カメラの映像を見直すが、ブライアン以外に犯人となり得る人物はいない。アンがその事実をブライアンに突きつけると、逆にインターネットのことを何も分かっていないと指摘され、はっとする。アンはパソコンさえ持っていなかったのだ。ブライアンは、いかに深くレベッカを愛していたか、その彼女がピーターによってレイプされ殺されたことで、どれほど苦しんだか語る。ブライアンの推測によれば、レベッカが殺された理由は、フィオナが関係する重大なスパイ組織について弟のジェイクが進めていた調査に、レベッカが手を貸したためだと思われる。

アンは、ジェイクに付添っている母親を病院に訪ね、ジェイクにレベッカという姉がいるかと尋ねると、いるけれどしばらく姿を見ていない、という返事が返ってくる。また母親にはフィオナという親友がいることも確認する。その後、ブライアンのチャット履歴を見たアンは、その内容がことごとく彼の話を裏づけていることを知る。でっち上げではなかったのだ。

第2幕
深夜、アンはひとりオフィスで、あらゆる角度から証拠を見直していた。にわかには信じがたい話だったからだ。アンは上司に、遺体安置所を片っ端から調べてレベッカの遺体を探すことと、フィオナおばさんという女について英国諜報部MI5に問い合わせることを依頼した。アンは、ブライアンの話を信用しなかったことを彼に謝り、チャットルームへ案内してもらう。そこで初めて、彼が虜になっている音楽にも触れる。アンはブライアンの証言を最後まで聞くことにした。証言によれば、フィオナとピーターはインターネットを通じてブライアンに接近してきたのだった。ジェイクが庇護を求めてブライアンの家にやって来た時、彼はジェイクを迎え入れ2人は性交に及ぶが、ブライアンはその後ジェイクを激しく拒絶する。その後まもなくフィオナから、ジェイクを殺せば莫大な報酬を与えると持ちかけられるが、そのときは断った。

アンは、この事件にかかりきりになっていたために病気の母親のことを忘れていたことに気づき、慌てて家に帰る。母はよく寝ていた。アンは日頃のフラストレーションを爆発させ、自分の人生は何もかも失敗だったと悔やむが、我が子を自らの手で不幸の道を歩ませることがなかったことに救いを感じていた。母が何気なく口にした言葉が、アンに事件解決の糸口を与える。アンは警察に飛んで帰り、ブライアンから話の続きを聞出す。彼は、ジェイクがめずらしい脳腫瘍を患い、余命がわずかだと知ったためにフィオナの殺人依頼を受けることにし、ジェイクを人目につかない場所に呼び出して殺したと説明した。

アンが病院に戻ると、ジェイクは昏睡から覚めないまま脳死判定を受け、生命維持装置を外されることになっていた。ブライアンの証言やチャットの履歴、ジェイクのパソコンから得た情報などから得た手がかりをつなぎ合わせ、アンはついに事件の核心に潜む謎を明らかにする。親たちに、自分を見ても聞いてももらえず、側にいて愛情を受けられない子どもたちに、アンは思いを馳せる。数多くの「居なくなった」子どもたちのイメージとともに、ひとり残されるアン。その中には自分が里子に出した息子も含まれているだろう。

——クレイグ・ルーカス