アイーダ

作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
台本:アントニオ・ギスランツォーニ
初演:
18711224日、カイロ劇場

tickets & info

 

第一幕

ファラオの時代のエジプト。メンフィスの王宮では祭司長ラムフィスが若き将軍ラダメスに、敵国エチオピアが再び戦の準備をしていることを伝える。ラダメスはぜひともエジプト軍を率いる司令官を務めたいと願っている。なぜなら彼は、エジプト王の娘アムネリスに仕えるエチオピア人の奴隷アイーダを愛しており、この戦に勝って手柄を立てれば、アイーダを奴隷の身分から解放し、自分の妻に迎えることができるのではないかと夢見ているからだ。(“Celeste Aida”「清きアイーダ」)しかしアムネリス王女もラダメスを愛している。三人が一緒にいるとき、王女はラダメスのアイーダに対する恋情に気づき、嫉妬を覚える。使者がやって来て、エジプト国王、祭司、兵士にエチオピア軍の進軍が始まったことを伝える。王はラダメスを司令官に任命し、全員で愛国の歌を合唱する。ひとり残されたアイーダは、ラダメスへの愛と、自分の生まれ故郷エチオピアへの愛国心のあいだで引き裂かれる。アイーダは、実はエチオピア国王アモナズロの娘なのだ(“Ritorna vincitor”「勝ちて還れ」)。アイーダは神に慈悲を請う。

 

ヴァルカン神殿では神官たちが、ラダメスの勝利を祈願する儀式を行う。祭司長ラムフィスは、ラダメスに祖国を守り抜くよう命を下す。

 

第二幕

エジプト勝利の報が届き、アムネリス王女はラダメスの凱旋を待っている。アイーダが入ってくると、王女は彼女の気持ちを探ろうとふたりきりになる(二重唱“Fu la sorte dell’armi”「お前の祖国の軍隊は」)。王女はまずラダメスが戦死したと言い、そのあとに本当は生きていると告げる。そしてアイーダの反応を見て彼女がラダメスを愛していることに確信を抱く。王女はアイーダにラダメスを譲らない決意を固めて凱旋の行進に向かう。

 

凱旋門。国王とアムネリス王女が戦勝祝賀会に臨席し、ラダメスに勝者の花冠を授ける(勝利の場面:“Gloria all’Egitto”「エジプトに栄光を」)。エチオピア人の捕虜が連れてこられる。その中にはアイーダの父アモナズロもいたが、彼は自分がエチオピア王であることを伏せるよう、娘に合図を送る。アモナズロはエジプト国王に対して、エチオピア人捕虜を死刑にせず釈放してほしいという、説得力あふれる嘆願を行い、ラダメスを感動させる。王はアモナズロの願いを聞き入れるかわりに、彼だけを人質として残すことにする。さらにラダメスの功績を讃え、褒美として娘のアムネリスを与えると宣言する。

 

第三幕

結婚式の前夜。祭司長ラムフィスとアムネリス王女がナイル河畔にある神殿にやってきて祈りを捧げる。アイーダは密かにラダメスを待ちながら、祖国を懐かしむ(“O patria mia”「おおわが故郷」)。そこに突如アモナズロが現れる。そしてアイーダの愛国心に訴えて、エジプト軍がエチオピアに侵攻するルートをラダメスから聞き出すことを約束させる(二重唱 “Rivedrai le foreste imbalsamate”「お前は再び薫る森林を見ることになる」)。アモナズロが身を隠すとラダメスがやって来て、アイーダと愛を確かめ合う(二重唱 “Pur ti riveggo, mia dolce Aida”「もう一度お前に会えた、愛しいアイーダよ」)。ふたりは共に送る将来を想像し、ラダメスは一緒に逃亡する決意をする。アイーダにエジプト軍の進路を訊かれて答えると、アモナズロが姿を現す。彼がエチオピア国王であることを知ると、ラダメスは取り返しのつかない過ちを犯したことに気づき、激しく絶望する。アイーダとアモナズロがラダメスをなだめているところに、祈祷を終えた祭司長とアムネリスが神殿から出てくる。アイーダとアモナズロは逃げおおせるが、ラダメスはその場に留まり、祭司長に身を委ねた。

 

第四幕

ラダメスは売国奴として裁きを待っている。彼はアイーダが死んだものと思っていたが、アムネリスからまだ生きていると知らされる。アムネリスは彼がアイーダをあきらめるなら助けると申し出るが、ラダメスは断る。神官たちの前に引き出されたラダメスは、罪状に対し黙秘を貫き、生き埋めの刑を言い渡される。アムネリスは減刑を嘆願するが、聞き入れられない。彼女は神官たちを呪う。

 

アイーダはラダメスと運命をともにしようと地下牢に隠れていた。ふたりは最期に強く愛を確かめあう(二重唱 “O terra, addio”「おお、大地よ、さらば」)。地上の神殿ではアムネリスがラダメスの冥福を祈り続ける。